由来

アメリカ

アメリカ

1905年にアメリカの画家マンセルによって考案されたカラーオーダーシステムとして、マンセルシステムがあります。

マンセルシステムは、マンセル・カラー・システム、マンセル表色系などと呼ばれることもあります。

さらに、1943年にアメリカ光学会がこのマンセルシステムを修正して「修正マンセルシステム」を発表しました。

今日、一般にマンセルシステムと呼ばれているのは、こちらの修正マンセルシステムのほうです。

JIS(日本工業規格)もこの方式を取り入れています。

マンセルシステムでは、色相、明度、彩度の3つの属性で色を表現します。この3つを、H(色相)、V(明度)、C(彩度)の順番で記号化していきます。


色相・明度・彩度

光

色相は、R(赤)、Y(黄)、G(緑)、B(青)、P(紫)の5つの主要色に分割され、それぞれの色の物理補色、YR、GY、BG、PB、RPの5個、あわせて10の色を環状に循環させながら配列していきます。
さらにそれを10個に分割していきます。

したがって、最終的には、色相は100個になります。なお、循環させた環状の色相を色相環といいます。

明度は、色みがなく、かつ鮮やかさをもたない無彩色を基準とします。すべての光を吸収する理想的な黒を0、反対にすべての光を反射する理想的な白を10と島明日。

したがって、明度は10個に分割されます。

彩度は、一定の配列の色相、明度で色みがない無彩色を0として、そこから色みのさえかたの度合いの増加で等歩度に、順次1,2,3・・・と一つずつ数値を増やしていきます。


ページトップへ