問.1

答え 復習

2色以上の色を組み合わせたときの配色の秩序のことを色彩調和といいます。


問.2

答え 復習

明度を利用すると、立体感や遠近感を色の諧調で表現することができます。


問.3

答え 復習

経験的に見慣れている配色は調和を得やすいという考え方をなじみの原理といいます。


問.4

答え 復習

PCCSの特徴は、色の三属性、色相・明度・彩度に加えて、トーンを利用する点にあります。


問.5

答え 復習

PCCSのトーン配色には、同一トーン配色、類似トーン配色、対照トーン配色の3つがあります。


問.6

答え 復習

ベースカラーは、配色の中でもっとも大きな面積を占める色で、背景となる色のことです。


問.7

答え 復習

セパレーションカラーには、白や黒などの無彩色が使われることが一般的です。


問.8

答え 復習

配色において、単調な配色に対照的な色を加えることによって配色全体を引き立たせることをアクセント効果といいます。


問.9

答え 復習

グラデーションというのは、色を段階的に変化させていくことです。


問.10

答え 復習

トーンオントーンとは、同一、あるいは類似で、トーンだけを変化させた配色の方法のことです。


問.11

答え 復習

トーナル配色は、中明度・中彩度の中間色系のダルトーンを用いた配色方法です。


問.12

答え 復習

カマイユ配色では、色相やトーンが似通った色を使います。


問.13

答え 復習

ビコロール配色はテキスタイルの配色ではポピュラーな配色表現です。


ページトップへ