問.1

答え 復習

固有色名は、藍色や桃色、あるいはサーモンピンクなどのように、色の名前を具体的なものの名前であらわしたものです。


問.2

答え 復習

表色系による分類には、顕色系と混色系の二つの分類法があります。


問.3

答え 復習

系統色名は、基本色名に、明度、彩度、色相についての修飾語をつけて色を表現するものです。


問.4

答え 復習

PCCSの特徴は、色の三属性をもとに、色相とトーンによる二次元システムを使用できるようにした点にあります。


問.5

答え 復習

マンセルシステムでは、色相、、彩度の3つの属性で色を表現します。

この3つを、H(色相)、V()、C(彩度)の順番で記号化していきます。


問.6

答え 復習

オストワルト表色系は、理想的な黒、理想的な白、理想的な純色"の3つを混色することで色を表現するものです。


問.7

答え 復習

スウェーデン工業規格(SIS)に採用された表色系として、NCSがあります


問.8

答え 復習

DINでは、色相T、飽和度S、暗度Dの3つの属性であらわします。


問.9

答え 復習

カラーハーモニーマニュアルは、オストワルトシステムの24色相に6色追加して30色相としたものです。


問.10

答え 復習

色の標準は、色相、明度、彩度の3つの属性の組み合わせで色を表現します。


ページトップへ