継時対比

継時対比

ある色を見続けてから、別の色を見ると、本来の色と違った色に見える現象を「継時対比」、あるいは「継時的色対比」といいます。 たとえば、赤い色を一定時間見続けたあとに、黄色を見ると、赤の残像の青緑が黄色に重なって黄色が緑っぽく見えてきます。 なお、子供の遊びである「影送り」はこの継時対比を利用した遊びです。


同時対比

同時対比

ちなみに、残像が生じる状態というのは、同じ色を見続けて目が疲れてしまった状態です。 残像が残ってしまったような場合は、残像が早く消えるように、瞬きをしたり、目をマッサージするなどして、目の疲れを回復させてあげましょう。


 

配色

この同時対比は、背景と図柄の関係や配色によって生じる対比といえます。


ページトップへ