負の残像

陰性残像

ある色を一定の時間見続けてから、視線をはずしたときに生じる視覚的な効果を残像といいます。 元の画像の明暗が逆転して見えるものを「負の残像」、あるいは「陰性残像」といいます。 陰性残像の場合、色相が補色になります。 この場合の補色を、「心理補色」といいます。


 

虹

これは、色の刺激が網膜に刻まれてしまうことで、色の刺激に網膜の反応が順応させられることによって生じます。 その状態で、視線を別の対象に移すと、元の色からは反転した色として残像を見ることができます。

 

疲れ

ちなみに、残像が生じる状態というのは、同じ色を見続けて目が疲れてしまった状態です。 残像が残ってしまったような場合は、残像が早く消えるように、瞬きをしたり、目をマッサージするなどして、目の疲れを回復させてあげましょう。


ページトップへ