カラープランニング

アメリカンファッションイメージ

色彩計画の考え方は、主に1950年代のアメリカで普及しF・ビレン、L・チェスキンなど、実践家の活躍が注目されました。この時代は科学技術の発達が目覚しく、大量生産方式の工業化社会が出現しました。

アメリカではGMやフォードの自動車、GEの家電製品が大量生産、大量消費されていくようになり、アメリカンファッションが注目された時代です。さらにこの時代に、人工的な着色材料と着色技術の発達で、それまで自由に色を表現することのできなかった素材や製品に、彩色を施す事が可能になりました。


カラーコンディショニングの実用

病院コンディショニングイメージ

図書館コンディショニングイメージ

住宅・病院・工場・図書館・事務所・店舗・マーケットなどに取り入れることで美的効果、心理的効果を確立していきました。

例えば、労働者の疲労を軽減させ、同時に一定の緊張感を持続させることによって生産性を向上させるなどの目的のために、工場の色彩調節が行われました。

色彩計画は色々な目的と対象によって重視されて実用されてきています。


ページトップへ