原色

スペクトル

スペクトルのうちの二色の波長の混色とその強度の調節で、二色間にある色の波長に近い色を条件等色することが可能ですが、中には条件等色によって再現できない波長も含まれています。

このような、混色によって作り出せない色のことを「原色」といいます。


加法混色

加法混色

 太陽光の場合、スペクトル内のすべての色の波長が収束され白色光となりますが、スペクトル全域を波長の長短によって3分割してそれぞれ収束すると、短波長は「B=(紫みの)青」、中波長は「G=緑」、長波長は「R=(黄みの)赤」となります。

この三色は「色光の三原色」と呼ばれます。

人間の目の網膜にある錐体は、「赤・緑・青」の色光三原色をそれぞれ専門に感知するように働きが分担されており、明るいところでは光の中のそれぞれの波長を感じ取ります。

この三原色は基本はスペクトルと同じなので、混色すると白色光になります。また、三色の組み合わせや光の強弱などで、原理的にあらゆる色を再現することが可能です。

TVやPCのモニタなどは、この色光の三原色(R:G:B)の混色を利用しています。色光の三原色は光そのものであり、混色するごとに明度が加算されます。


減法混色

減法混色

一方、色光三原色のうち二つを混ぜ合わせると、
「緑みの青=シアン:C」
「赤紫=マゼンタ:M」
「黄=イエロー:Y」が出来ます。

この三波長は、混色するとお互いの波長のある範囲を吸収する性質を帯びており、混色を重ねるごとにどんどん暗い色になります。

減法混色の原理はコピー・印刷やカラーフィルムに応用されています。


ページトップへ