PCCS

トーン

グラデーション

トーンごとに色相を分類したものとして、PCCSがあります。

PCCSは、「Practical Color Cordinate System」の略で、「日本色研配色体系」のことです。

これは、日本色彩研究所が1964年に発表したもので、カラーハーモニーをシステマチックに実現することを目指したものです。

PCCSの特徴は、色の三属性、色相・明度・彩度に加えて、トーン(色調)を利用する点にあります。

トーンとは、明度と彩度を組み合わせた概念です。

つまり、PCCSでは、色相とトーンを利用したカラーシステムです。


トーンの配色

トーン表

トーンは、色相ごとに12種類に分類されます。

すなわち、ペール(P)、ライト(lt)、ブライト(b)、ライトグレイッシュ(ltg)、ソフト(sf)、ストロング(s)、ビビット(v)、グレイッシュ(g)、ダル(d)、ディープ(dp)、ダークグレイッシュ(dkg)、ダーク(dk)の12種です。

このトーンを利用した配色は、次のように分類されます。

同一トーン、類似トーン、対照トーンの3つです。


ページトップへ