同一トーン配色

トーン区分図

同一トーン

ここでは、PCCSに基づくトーン配色について見ていきます。

PCCSのトーン配色には、同一トーン配色、類似トーン配色、対照トーン配色の3つがあります。

同一トーン配色では、同じトーンの色同士を使って配色を行います。

この配色では、各トーンが持っているイメージがそのまま反映されます。


類似トーン配色

 

類似トーン配色では、トーン区分図上で隣り合った色同士を使って配色を行います。

一般的には、区分図上の縦方向と横方向で配色を考えます。縦方向の配色の場合、彩度が同じで、明度が違う配色となります。

横方向の配色の場合は、明度が同じで、彩度が違う配色となります。

したがって、類似トーン配色を利用すると、大きくイメージを変えずに、明度や彩度を変化させるものといえます


対照トーン配色

対照トーン

対照トーン配色では、トーン区分図上で対照的な位置にある色同士を使って配色を行います。

具体的には、明度と彩度に関して対照的な配色にします。

すなわち、明度に関して対照的な場合、彩度に関して対照的な場合、そして、明度も彩度も対照的な場合の3通りの配色が考えられます。


ページトップへ