色覚

色きれい

眼のなかで光を感受する網膜には、短・中・長波長の3種類の光を吸収する視物質をもつ錐体細胞があります。

外界から入る色の情報は、この3種類の錐体の相対的な活動性の違いとして感受され、小型の網膜神経節細胞を介し、大脳の第一次視覚野に伝えられ、私たちは最終的には色覚中枢で色を感じます。

これが色の感覚、すなわち色覚です。
色覚として感受するすべての色は、これら3種類の錐体が司る3原色を組み合わせることで表現できます。

この色覚の特性は、錐体細胞に視物質を発現させる遺伝子の特性で決まっています。


色覚異常

信号機、色弱

色覚異常とは、全ての色、または一部の色を識別できない異常を言います。
これには先天性と後天性があり、後天性のものは眼底や脳の疾患、加齢によるものがあります。

先天性の場合は色盲と色弱と言われるもので、日本人男性の5%、白人男性の8%にという発生率です。


色覚異常の分類

目

色盲は俗語で、一般には色覚異常と同義に使われていますが、医学的には色覚異常を2色型色覚(色盲)と異常3色型色覚(色弱)に分類して区別します。

さらに原色の種類から、赤色の異常を第1、緑色では第2、青色では第3として、たとえば赤色の色覚異常を第1異常とし、第1色弱と第1色盲とに分類します。

また、眼の病気で、後天的に錐体細胞や網膜神経節細胞の異常から色覚に影響する時は青色の色覚に変化が出やすく、第3異常を示すことが多いとされます。


ページトップへ