「光源色」 と 「物体色」

ろうそく

水銀ランプ

3原色

私たちは一言で「色」と言いますが、「色」は大きく分けると、光源そのものが発する色(光源色)と、光源からの光を受けた物体が示す色(物体色)があります。

物体色は更に、その物体表面での反射によって発する色(表面色、または反射物体色)と、半透明物体を透過した光によって生ずる色(透過色、または透過物体色)に分けられます。

光源色は、光源からの光が直接眼に入射して視細胞(錐体)を刺激することによって認識される色です。

また、物体色は、光源からの光が物体に当って、その物体特有の波長毎の反射(透過)特性の影響を受けた光が眼に入射して視細胞(錐体)を刺激することによって認識される色です。

つまり、私たちが普段見ている「色」の内、「光」と「視覚」の二つの条件だけで成り立つのは光源の色の場合です。

光源の種類によって色が異なることはよく経験します。
ロウソクの色はかなり赤っぽい色ですが、公園の夜間照明などによく使われる水銀ランプの色は青白く、またトンネル照明などによく使われるナトリウムランプはオレンジ色をしています。

これらの光源は皆、波長毎のエネルギーの強さ(分光分布)が異なりますので、眼の視細胞(錐体)への刺激の仕方が異なるため色が違って見えることになります。

しかし私たちが実際に見る色の殆どは物体の色です。同じ照明光の下でも物体の種類によって見える色が異なるのは、その物体自体の持つ特性が最終的な「色」を決める大きな要素として機能しているからです。

「光」、「視覚」および「物体」の三つの要素が重なる領域で最終的な物体の色が決まる訳ですね。

「光源」・「視覚(眼と脳)」・「物体」を “物体色の三要素” と呼んでいます。


ページトップへ